鈴木清一の経歴

1895 (明治28年) 国三郎・きくの長男として水戸市に誕生(7月23日)
1913 大正2年) 茨城県立水戸中学校卒業
赤坂溜池洋画研究所で黒田清輝に師事(17歳)
1914 (大正3) 東京美術学校(現在東京芸術大学)西洋画科に入学
1919 (大正8年) 同校卒業き同校研究科に入り1922年まで研究を継続
東京代々木にアトリエをえる
1921 (大正10年) 第3回帝展に『初秋の丘』初入選(26歳)
1922 (大正11年) 平和記念東京博覧会に『早春出品
日仏交換美術展 巴里サロンに『初秋の丘』出品
第4回帝展に『赤い本』入選
1924 (大正13年) 第5回帝展に『浴女』入選
1白牙会(はくがかい)中村彜、熊岡らと招待出品(29)(1933まで出品)
1925 (大正14年) 第6回帝展に『首夏』入選
1926 (大正15年) 第1回聖徳太子奉美術に『画室の裸女』と『と裸女』出品
第7回帝展に『』入選
1928 (昭和5年) 洋画蒐集家跡部(神戸市林田区御崎町)に寄宿して制作
第11回帝展に『孔雀』入選
1931 (昭和6年) 神戸市湊西区会下山町に定住
吉野吉弥・ふゆの次女・八千代と結婚(35歳)
第12回帝展に『風景』入選
2兵庫県美術家聯盟に出品(爾来194011まで2)(神戸・大丸)
1932 (昭和7年) 第9回画廊会(神戸・画廊)
鈴木清一染色工芸展(神戸・画廊)
中山正実、川西辻愛造と雅芸会(がげいかい)第1回(神戸・画廊)
第13回帝展に『庭にて』入選
帝展作家小品展(神戸・画廊)
1933 (昭和8年) 三菱重工業神戸造船所洋画同好会「木曜会」講師(1978まで)
神戸市須磨区月見山町転居
第14回帝展に『みなかみの春』入選
帝展作家洋画小品展(神戸・画廊)
鈴木清一染色画展(神戸・画廊)
1934 (昭和9年) 第15回帝展に『いでゆ』入選
1936 (昭和11年) 新文部省美術展覧会(新文展)無鑑査(41歳)、招待展に『初秋』出品
1937 (昭和12年) 第1回新文展に『有馬の秋』出品
1938 (昭和13年) 第2回新文展に『七歳出品
1939 (昭和14年) 鈴木清一油絵展(神戸・画廊)
第3回新文展に『つ』出品
1940 (昭和15年) 紀元2600奉祝美術展に『出品
鈴木清一油絵展(神戸・画廊)
1941 (昭和16年) 神戸文化聯盟常任委員
1942 (昭和17年) 兵庫県新美術聯盟常任委員長
1兵庫県美術聯盟(神戸・大丸)
第2回兵庫県新美術連盟展審査委員
神戸「みなとの祭」産業戦士美術展審査委員
2兵庫県美術聯盟(神戸・大丸)
1943 (昭和18) 1美術展(神戸三越)
1947 (昭和22) 学院中学専任教師
中央・地方画壇活動から離脱(52歳)
1951 (昭和26) 木曜会」活動を再開
1957 (昭和32年) 学園兵庫女子短期大学教授(1968まで)
1958 (昭和33年) 神戸市葺合区中尾町に転居、「こどもアトリエ」を開く
1959 (昭和34年) 女学院講師(19783まで)
1961 (昭和36) 東京銀行トアロード支店絵画クラブ講師(1970まで)
1967 (昭和42) 神戸市灘区篠原本町に転居
1974 (昭和49年) 妻・八千代逝去(享年69歳)
1976 (昭和51年) 兵庫の美術家: 県内洋画壇回顧(兵庫県立近代美術館)
1978 (昭和53年) 神戸市文化賞受賞(83)
1979 (昭和54年) 神戸市垂水区の佐野病院で逝去(1127享年84歳)
1982 (昭和57年) 木曜会」50周年記念鈴木清一回顧展(ギャラリーさんちか)
大正期洋画の展開(茨城県近代美術館)
1983 (昭和58年) 昭和前期洋画展開展(茨城県近代美術館)
神戸市文化賞受賞作家美術展(ギャラリーさんちか)

 戻る
 このページのトップへ  表紙にもどる